スポンサーサイト

0
    • 2012.05.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    「持ち家を買わない理由」賃貸派100人に聞きました;¨′´′。

    0
      「持ち家を買わない理由」賃貸派100人に聞きました(以下すべて仮名です);¨′´′。「家を買ってもいいのは収入と雇用が保障されている地方公務員だけだと思う」(橋本守)。「『一生かけて払います』という住宅ローンは奴隷生活に近い」(吉田文夫)。「借家をバカにするような友達らとは付き合うのを辞めればいいのです」(井上寛)。「小さな借家で十分」(伊藤良雄)。「自分の所有物というのは錯覚」(伊藤喜一)。「固定資産税や不動産取得税を考えると賃貸の管理費のほうが安い」(鈴木裕之)。「大地震がきたら持ち家のメリットはまったくない」(高橋宏明)。「隣に問題のある人がきたら持ち家は地獄」(高橋雄二)。「持ち家がいいというのは親世代(特に田舎者)の価値観にすぎない」(上野博)。「賃貸のほうが設備が新しい」(森修)。「高給をもらっている知り合いの銀行員が住宅ローンは怖いと言っていた」(太田明)。「住宅ローンを組むのは無知ゆえの蛮勇」(宮崎明)。「近所と関わりたくないので持ち家よりも借家がよい」(甲斐まり恵)。「ローンを完済する自信がない」(橋本守)。「平日は帰って寝るだけだし休日は外出するので小さい借家で十分」(吉田文夫)。「大企業でも倒産する時代なのに30年も返済できるか不安」(井上寛)。「住宅ローンなんて銀行員のために働かされているようなものだ」(伊藤良雄)。「親戚も友達もいないので見栄を張る必要がないため持ち家はやめた」(伊藤喜一)。「持ち家を買ったら小遣いが1万になってしまう(笑)」(鈴木裕之)。「5000万円以下の家だと何かを妥協せざるを得なくてアホらしい」(高橋宏明)。「都会では持ち家よりも借家の人のほうが多いでしょ?」(高橋雄二)。「景色もよくない場所にずっと縛られる持ち家なら嫌だ」(上野博)。